子育て

アレルギーの血液検査|IgE抗体検査とは?結果の見方は?

投稿日:2019年6月3日 更新日:

ここでは、アレルギーが疑われた時に行うIgE抗体検査の目的や、検査値の見方についてわかりやすくまとめてみました。

ご自分やお子さんの検査結果と照らし合わせてご覧ください。

アレルギーが起きる仕組み

抗体検査の目的を知るために、まずはアレルギーが起きる仕組みからお話します^^

私たちの体にウイルスや細菌が体に入ってきた時には、それに抵抗する「抗体」を作って敵をやっつけようとします。
これが免疫システムってやつです。

しかしたまに、体に害のない食べ物や花粉に対しても、体が敵だ!と認識して「抗体(IgE抗体)」が作られます。

IgE抗体イメージ図

そして、このIgE抗体が過剰に反応して、自分の体を攻撃しすぎた結果起きるのが、アレルギーです。

特に、消化・吸収機能が未熟な赤ちゃんや子供は、食べ物を異物として認識してしまうことが多いので、食物アレルギーが起きやすいんですね。

異物と認識された食べ物(アレルゲン)は、消化吸収されて全身の血液をめぐるため、皮膚だけではなく、腸・気道・目・鼻など全身でアレルギー反応を引き起こします。

そのため、アレルギーが悪化した時には、下痢やおう吐、気道の閉塞、呼吸困難に陥ることもあるんですね。

アレルギーの抗体検査とは?

抗体の働きについておわかりいただけたところで、次にようやくアレルギーの抗体検査についてです^^

具体的にこの検査で調べるのは、血液中のIgE抗体の有無や量です。
そのため、子供も大人と同じように針を刺して採血をします。

この検査では、すべてのアレルゲンに対するIgE抗体(非特異的IgE)の量と、卵白だけに反応する「卵白特異IgE抗体」ダニだけに反応する「ダニ特異IgE抗体」などアレルゲンごとのIgE抗体(特異的IgE)の量を測定することができます。

そうすることで、アレルギー体質かどうか、何にアレルギーを起こしやすいのか把握することができるのです。

ちなみに、私の娘が、卵アレルギー発症時に、検査した特異的IgEは以下の項目。

  • ダニ
  • 卵白
  • 加熱卵白
  • 卵黄
  • そば
  • エビ
  • ピーナッツ

その他、ハウスダストや花粉(スギ・ヒノキ)など、現在200種類以上の特異IgE抗体を測定することができます!

IgE抗体ー検査結果の見方

娘のアレルギー検査の結果

非特異的IgE検査

IgE抗体の全体量のこと。

基準値は以下のようになっています。

<非特異的IgE 基準範囲>

1歳未満 20以下 IU/ml
1~3才 30以下
4~6才 110以下
7才以上 170以下

高ければ高いほど、アレルギー体質が疑われますが、免疫機能が未熟な乳幼児は上昇を示さない場合もあります。
また、花粉や食物アレルギー、喘息やアトピー性皮膚炎では総IgEが上昇しないこともあり、評価が難しい面もあるようです。

特異的IgE検査(RAST)

測定値は、クラス判定で段階的にわかりやすく表示されています。
「0~6」の7段階で、アレルギーの原因となる特異的IgEが多いほどクラス判定の段階が上がります。

クラス0は陰性、クラス1は偽陽性、クラス2以上は陽性、クラス4以上は強陽性でほとんとの場合なんらかのアレルギー反応が出ると言われています。

ただし、判定と症状の強さが必ずしも一致するわけではなく、クラス2でも、重篤なアナフィラキシー症状を起こす人もいあれば、クラス4でも症状がでない人もいるようです。

 

その他のアレルギー検査

皮膚テスト(プリックテスト)

アレルゲンと思われる食べ物のエキスを皮膚に垂らし、小さな傷を作り、赤く腫れるかどうかを見る検査です。
簡単に行えて、痛みも軽度なので、乳幼児にも安全に行えます。
15分程で皮膚の反応を見て、判定できます。

血液検査で分かりにく6ヶ月前後の低月例の子供でも判定することができます。

食物経口負荷試験

食物アレルギーの確定診断に必要な検査で、実際に、アレルゲンと思われる食べ物を食べて症状の有無を観察します。
まれにアナフィラキシーの様な重篤なアレルギー反応が出る場合があるので、必ず医療機関で医師の観察下で行われます。

食物アレルギーは治るの?

私の娘の場合、生後9ヶ月頃に全卵で蕁麻疹が出て、検査した時は、卵白の結果が測定値32.30でクラス4判定

なかなかのレベルでしたが、医師の指導通り、1歳から加熱卵白を1さじ…2さじ…とゆっくり量を増やしながら食べさせたところ、2才には加熱卵は問題なく食べられるようになっていました。

 

そこで、疑問だったのが、卵白に対するIgE抗体が減ったのか?アレルギーが治ったのか?ということ。

調べてみたところ、成長とともに消化機能や免疫機能が整うと、IgE抗体ができにくい体質になるようです。

そのため、乳幼児期に発症した食物アレルギーも、3才頃までに5割、6才頃までに8~9割の人が治ります。

特に鶏卵、牛乳、小麦、大豆は治りやすく、逆にピーナッツ、ナッツ類、甲殻類、魚類、果物は治りにくい食品と言われています。

治療は医師の指導のもとで

検査でアレルゲンが特定した場合、基本的に原因食物の除去を行いますが、食べられる範囲まで食べた方が良い場合や、除去の必要性がない場合もあります。

お子さんの食物アレルギーを治すためには、必ず自己判断ではなく、医師の指導のもとでアレルギーの管理を行うようにして下さい。

-子育て

執筆者:

関連記事

ミルクを作りに安心安全な水

ミルク作りに使える水、使えない水!コンビニで買える水は?

赤ちゃんのミルクを作ったり、飲み水として使う水ですが、水道水や市販される水の中には赤ちゃんの未熟な胃腸に負担をかけてしまうものも…!! ここでは、赤ちゃんのミルク作りや飲み水として安全に使える水はどの …

赤ちゃんショック

【恐怖】スタイ・ベビー服がピンクに変色!原因は赤カビだった!?

赤ちゃんのスタイや衣類、ガーゼタオルなどピンクに変色することはありませんか? ここでは、私の経験をもとに、洗濯物に発生するピンク汚れの原因や、きれいさっぱり汚れが落ちる洗濯方法についてまとめてみました …

熱性けいれんの対処方法

【熱性けいれん】小児科医が教える正しい対処方法!!

発熱時にみられる熱性けいれんは、命に関わることはなく、怖いものではありません。 ただ、熱が出ている時にけいれんしたからと言って、熱性けいれんとは限りません。 髄膜炎や脳炎など重大な病気が隠れていること …

赤ちゃんの便秘に効く食材ー野菜

【離乳食初期~完了期】赤ちゃんの便秘に効く食材一覧

胃腸が未熟な赤ちゃんは、食事や生活リズムの乱れで、簡単に便秘になってしまいます。 そのため、腸の働き助けたり、便の排泄をスムーズにする食材を離乳食に上手く取り入れることが大切です! そこで、離乳食に取 …

歯が生え始める時期

生後9ヶ月で歯が生えない!生える時期や順番は?病気の可能性も?

生後9ヶ月というと、ほとんどの子が乳歯が生え始め、前歯が生えそろっている子も多い時期です。 そんな中、うちの娘は生後9ヶ月まで歯が生える気配すらありませんでした…。私のように、子どもの歯が生えるのが遅 …